男「触ってない」 電車「触ってない」 監視カメラ「触ってない」 乗客「触ってない」 女「触った」 裁判官「触った」

2020年11月23日 | 日記


1: じわる 2020/06/14(日) 15:05:09.639 ID:OsMatVCV0
美しい国

2: じわる 2020/06/14(日) 15:05:43.314 ID:SsEoW6wQ0
防犯カメラは人権がどうとかで付けられないって警察のハゲが言ってた

5: じわる 2020/06/14(日) 15:06:17.577 ID:XiKIPvFv0
>>2
都営地下鉄とかついてるぞ

8: じわる 2020/06/14(日) 15:06:46.729 ID:SsEoW6wQ0
>>5
電車内?

3: じわる 2020/06/14(日) 15:05:53.332 ID:nva1rrT8M
喋る電車

4: じわる 2020/06/14(日) 15:05:55.087 ID:7IxZ6LAKa
乗客(正義マン)「触った」

6: じわる 2020/06/14(日) 15:06:27.858 ID:J40IjUC8d
俺「触られた」

7: じわる 2020/06/14(日) 15:06:38.660 ID:Iw/IGZWcH
俺も触った

9: じわる 2020/06/14(日) 15:07:18.432 ID:sG3jEW1A0
そういうのは親が在日か共産党員だったりする

10: じわる 2020/06/14(日) 15:07:19.476 ID:Dse0XDqu0
おもいっきり付いてるだろ


【合わせて読みたい記事ヾ(?^ω^)】




11: じわる 2020/06/14(日) 15:07:35.696 ID:iRRkMH3tp
つり革に捕まってても触れるすごい奴ら

12: じわる 2020/06/14(日) 15:07:43.053 ID:QZfNJZwK0
電車についてるだろ

13: じわる 2020/06/14(日) 15:08:03.658 ID:Sa6bs8KU0
最近、痴漢冤罪が増えてきて男性にとっては怖い時代になりました。僕も満員電車に乗ることすらが怖くて毎日の通勤が非常にストレスになってしまい辛いです。
どれだけ対策を練っても、やはり電車に乗る以上痴漢冤罪をかけられてしまう可能性があります。
実際にやっていなくても、職や家族を失い人生の路頭に迷うのは、想像しただけでとても恐ろしいです。
そこで、鞄の取り出しやすい部分に包丁を忍ばせ、痴漢冤罪をかけられた時にその場で相手の女性の首を裂いて殺そうと思っています!
どのみち、痴漢冤罪で人生が終わるなら、相手の女性の人生も終わりにして刑務所に入った方が、とても清々しい気持ちで刑務所暮らしを迎える事が出来ると思っているからです。
少し過激ですが、これは僕だけの問題ではなく、一度こういう事件があったほうが、
一部の女性も今のように軽々しく痴漢冤罪をふっかけて慰謝料をふんだくる様な事が出来なくなると思うからです。
これは犯罪予告ではなく、ただ単純に包丁を鞄の中に入れて電車に乗るのが銃刀法等に違反するのかが知りたいです!
勿論法に触れるようなら、別の対策や方法を考えたいと思います。
真面目な質問ですので、回答よろしくお願いします。

21: じわる 2020/06/14(日) 15:12:46.242 ID:EBgcgI7P0
>>13
もう終わりだと思ったらヤケクソで相手もろとも電車にダイブする奴いそうだよな

35: じわる 2020/06/14(日) 15:35:00.635 ID:mJWs1W+20
>>13
!?????!

14: じわる 2020/06/14(日) 15:08:06.012 ID:ALfArFkI0
バスであったなそんな事件、流石に高裁で逆転無罪だったが

44: じわる 2020/06/14(日) 15:45:59.206 ID:VAlGVGBP0
>>14
その前の裁判官はカメラが不鮮明な数秒の間に痴漢できたから有罪って言ったんだっけか

15: じわる 2020/06/14(日) 15:08:18.000 ID:SPNvps1e0
山手線にも防犯キャメラあった希ガス

16: じわる 2020/06/14(日) 15:08:56.334 ID:grAP2pTNH
そりゃあちょっとでも体が触れたらアウトだから

17: じわる 2020/06/14(日) 15:09:55.583 ID:QRw/0Iow0
女が気に食わなければアウト

(*´∀`*)こちらも読まれております。



【まとめ関連動画】
posted by じわチャン at 05:11 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください