【悲報】ニホンオオカミが絶滅したと言われているにも関わらず未だに捜索されている理由がヤバすぎる

2021年02月02日 | 日記


1: じわる 2021/01/31(日) 15:40:16.34 ID:c3Ex5M59d.net
・オオカミとイヌは遺伝的にほとんど同じなので放っておくと混血してしまう
・オオカミとヤマイヌは見た目がほとんど同じで死後に頭蓋骨の形状を調べない限り正確に区別することはできない
・そもそも日本では古くからオオカミとヤマイヌが混同されていたのでどのような動物がオオカミでどのような動物がヤマイヌなのかという正確な定義すらない(オオカミとヤマイヌは同じ動物という説まである)
・最後にニホンオオカミが捕獲されたのは遺伝子解析などない100年以上前のことなのでニホンオオカミの特徴を正確に把握することが難しい
・結論として現在の日本の山にはかつてニホンオオカミと呼ばれていた動物とその他のイヌとの混血種が棲息している可能性は高いが、捕まえて解剖してみなければそれを証明することはできないし、もし解剖したとしても証明できない場合もある

ニホンオオカミとされている動物の標本


秩父山中で目撃され、生物学者から外見上の特徴はニホンオオカミと完全に一致すると断定された野犬(いわゆる秩父野犬)


2: じわる 2021/01/31(日) 15:40:37.79 ID:uZfnfjdq0.net
これ見つけたら賞金とか出る?

3: じわる 2021/01/31(日) 15:40:56.58 ID:QYOXo4Tk0.net
ちゅんま(カラムーちゃん問題)みたいやな

4: じわる 2021/01/31(日) 15:40:57.91 ID:vvJaKYaAd.net
絶滅動物がまだ生きてるかもってのはロマンあるからね

5: じわる 2021/01/31(日) 15:41:15.14 ID:PvEvlsg8d.net
ネッシーよりはいる可能性高いと思う

6: じわる 2021/01/31(日) 15:41:40.48 ID:7g+IzsJkM.net
もう秩父野犬がニホンオオカミでしたってことでええやん

7: じわる 2021/01/31(日) 15:41:43.41 ID:gOUQvG7d0.net
こんな弱そうなのオオカミじゃないわ...

8: じわる 2021/01/31(日) 15:41:51.27 ID:rmoWquKF0.net
密かにブリーディングしてるやつらがいる

9: じわる 2021/01/31(日) 15:41:56.06 ID:z8k9v4VJd.net
写真見る限り「イヌやん」としか思えんからたぶん目撃した人の大半はただの犬だと思ってスルーしてる

10: じわる 2021/01/31(日) 15:42:16.44 ID:0rgcnudN0.net
剥製の毛からじゃそういうのってわからんのん?


【合わせて読みたい記事ヾ(?^ω^)】




11: じわる 2021/01/31(日) 15:42:18.62 ID:h5ebCWAHd.net
標本のやつただの犬にしか見えんくて草

12: じわる 2021/01/31(日) 15:42:22.05 ID:oT2ZFM0Id.net
こういうのワクワクする

13: じわる 2021/01/31(日) 15:42:24.36 ID:TG+UHVqz0.net
解剖する必要ある?
毛抜いてDNA鑑定で十分やろ

23: じわる 2021/01/31(日) 15:44:18.57 ID:YpnYM9jpd.net
>>13
まず最後に捕獲されたのが100年前だからDNAが残ってない

31: じわる 2021/01/31(日) 15:44:57.73 ID:6ypmuU8Qd.net
>>23
標本あるやん

39: じわる 2021/01/31(日) 15:46:12.60 ID:uZfnfjdq0.net
>>31
標本ってDNA取れるの?

44: じわる 2021/01/31(日) 15:46:56.51 ID:8ZFrZwlR0.net
>>39
骨が残ってりゃ取れると思うで

14: じわる 2021/01/31(日) 15:42:45.53 ID:uofDDt8z0.net
村おこし兼ねて和歌山とか奈良の山奥やとやってる

15: じわる 2021/01/31(日) 15:42:50.73 ID:xgVBcEY50.net
昭和から平成にかけて保健所が駆除してそう

16: じわる 2021/01/31(日) 15:42:57.18 ID:6ypmuU8Qd.net
なんでこんな20年以上前の写真が最近よく貼られるんや

(*´∀`*)こちらも読まれております。



posted by じわチャン at 19:50 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください