少女「今日から私は魔法少女ね!で、敵は?」妖精「敵なんかいないぞ」

2021年09月24日 | 日記


1: じわる 2021/09/22(水) 19:30:14.161 ID:9rQVF4450.net
中学校にて――

少女「あーあ、魔法少女になりたいなぁ」

女友「またいってる」

少女「魔法少女になったら、こうやってステッキを振りかざして……」

女友「それホウキじゃん」

少女「人助けしたり、敵をやっつけたりするの!」ブンブン

女友「危ないっ! んもー、魔法少女っていうか無法少女じゃん」

少女「えへへ……ごめん」

2: じわる 2021/09/22(水) 19:33:14.331 ID:9rQVF4450.net
少女(あーあ、魔法少女になりたいなぁ)スタスタ…

妖精「そんなになりたいか」

少女「きゃっ!?」

少女(可愛い動物……? だけど顔にキズがある……)

少女「あ、あなたは?」

妖精「魔法の妖精だ。素質ある女の子を魔法少女にすることができる」

少女「え、えええ……?」

妖精「今度はこっちの質問に答えろ。魔法少女になりたいか?」

少女「うん、なりたい!」

妖精「そうか。じゃあならせてやろう」

少女「ええっ!?」

3: じわる 2021/09/22(水) 19:36:06.430 ID:9rQVF4450.net
少女「どうやって……」

妖精「もうなった。お前は魔法少女だ」

少女「早い! なんの余韻も感動もない!」

妖精「呪文を唱えれば、いつでも魔法少女に変身できる」

少女「へぇ~、だったら呪文教えてよ」

妖精「自分で決めるシステムだ。紙に書いて、俺に渡せ」

少女「えーとじゃあ……」

妖精「7文字以上、どこかに英数字も入れなきゃダメだぞ」

少女「なにそれ」

4: じわる 2021/09/22(水) 19:39:19.918 ID:9rQVF4450.net
少女「じゃあ、『0303マホウ』で」

妖精「ちゃんと数字入ってるな……0303ってのは?」

少女「私の誕生日!」

妖精「まるでパソコンかなんかのパスワードだな。血は争えないな」

少女「どういう意味よ」

妖精「いや、なんでもねえ。とにかく『0303マホウ』でいいんだな?」

少女「うん!」

5: じわる 2021/09/22(水) 19:42:13.361 ID:9rQVF4450.net
妖精「よし、いいぞ。通行人もいないし試しに唱えてみろ」

少女「0303マホウ!」

パァァァァ…

少女「体が……!」

妖精「変身するぞ」

魔法少女「やったーっ! わっ、可愛い~!」

妖精「なにしろ俺がデザインしたからな」

魔法少女「へー、あなた結構デザインセンスあるのねえ」

妖精「グッズ化も視野に入れてるからな」

魔法少女「嫌な妖精だなぁ」

6: じわる 2021/09/22(水) 19:45:11.115 ID:9rQVF4450.net
魔法少女「で、どんなことができるの?」

妖精「ほぼ万能といっていい。火を出したり、水を出したり、風を吹かせたり……」

魔法少女「わっ、すごい!」

妖精「体は強化されるし、空も飛べるし、物探せるし、透視できるし……」

魔法少女「すごいすごい! なんでもありじゃない!」

魔法少女「で、私はどんな敵と戦うの?」

妖精「は? 敵?」

魔法少女「うん。魔法少女っていうからには敵と戦うでしょ?」

妖精「敵なんかいないぞ」

魔法少女「え?」

7: じわる 2021/09/22(水) 19:48:15.700 ID:9rQVF4450.net
魔法少女「敵いないの!?」

妖精「いないぞ」

魔法少女「だってアニメでは、魔法少女は敵と戦うじゃない。悪魔とか怪人とか」

妖精「知るかよ。いないもんはしょうがないだろ」

魔法少女「敵がいないなら、この魔法どう使えばいいのよ!」

妖精「使い道なんざいくらでもあるだろ」

妖精「風を吹かせて商品運んで万引きとか、透視してカンニングとか」

魔法少女「そりゃ悪いことじゃない! そんなことしたらホントに無法少女だよ!」

8: じわる 2021/09/22(水) 19:50:17.905 ID:9rQVF4450.net
妖精「とにかく、そういうことだから」

魔法少女「えぇ~」

妖精「平和な世界で魔法少女を思う存分楽しめ!」

魔法少女「はーい……」



…………

……

9: じわる 2021/09/22(水) 19:54:15.465 ID:9rQVF4450.net
次の日――

父「行ってらっしゃい」

少女「行ってきまーす!」

少女「遅刻遅刻~!」

妖精「ったく、パンくわえて走るなんてベタなことやってるな」

少女「うるさい!」

妖精「てか、今まさに魔法の使いどころだろ。空飛べば学校までひとっ飛びだぞ」

少女「あ、そっか」

10: じわる 2021/09/22(水) 19:55:43.677 ID:4LHSmCWC0.net
サリーちゃんとアッコちゃんは敵がいなかったな


【合わせて読みたい記事ヾ(?^ω^)】




11: じわる 2021/09/22(水) 19:57:12.402 ID:9rQVF4450.net
少女「……って」

ザワザワ…

少女「人たくさんいるし、こんなところで変身できないよ!」

妖精「たしかに」

少女「しかも空なんて飛んだら、絶対目撃されるじゃない!」

妖精「大騒ぎだろうな。新しい都市伝説の誕生だ。口裂け女ならぬ空飛び女」

少女「結局自力で走るしかないじゃない!」

妖精「ま、頑張りな」

12: じわる 2021/09/22(水) 20:01:53.261 ID:9rQVF4450.net
教師「今日は抜き打ちテストだ」

えぇ~……

少女(どうしよ、全然分かんない)

妖精「苦労してるようだな」

少女(あっ! なんでここに……大騒ぎになっちゃう!)

妖精「俺の姿は他の奴には見えねえよ。ところで、今テスト中か?」

少女「うん、そうだけど」

妖精「だったらカンニングすりゃいいじゃねえか。魔法少女になってよ」

少女「こんなとこで変身できないでしょ! それにカンニングなんか絶対しない!」

教師「よくいった! カンニングせずいい点取れよ! だけど、テスト中は静かにな」

女友「何やってんだか……」

クスクス… ハハハ…

少女「あ……」

13: じわる 2021/09/22(水) 20:02:10.544 ID:4LHSmCWC0.net
透明になって空飛べばよかったのでは?

14: じわる 2021/09/22(水) 20:04:10.693 ID:9rQVF4450.net
体育――

少女「はぁ、はぁ、はぁ……」

少女(持久走、苦しいなぁ)

妖精「なっちゃえよ、魔法少女に。いくら走っても苦しくないぜ?」

少女「やだ! ちゃんと自力でやる!」

タッタッタッ…

少女「き、きつい……」

妖精「フッ……」

15: じわる 2021/09/22(水) 20:08:08.971 ID:9rQVF4450.net
少女「ただいまー」

少女「おやつを食べる前に……お母さんに挨拶しなくちゃ」

少女「お母さん、ただいまー」

妖精「この写真は……お前の母ちゃんか」

少女「うん、そうだよ」

妖精「死んじまったのか?」

少女「うん、私が五歳になった時に」

妖精「そっか……」

16: じわる 2021/09/22(水) 20:08:25.962 ID:N1jZLPVF0.net
ほう

17: じわる 2021/09/22(水) 20:11:19.741 ID:9rQVF4450.net
妖精「寂しいか?」

少女「ううん、不思議と寂しくないんだ」

妖精「なぜだ?」

少女「だってお母さん、私のことめいっぱい愛してくれたから。他の子のお母さんに負けないぐらい愛してくれたから」

少女「まだ子供だったけどそれだけは分かるの。だから……」

妖精「そうか、ならいいんだ」

少女「さーて、宿題やらなくちゃ。もちろん魔法なしで!」

18: じわる 2021/09/22(水) 20:15:19.126 ID:9rQVF4450.net
少女「宿題終わったーっ!」

妖精「終わったイコールちゃんと正解してる、とは限らないよな」

少女「ほっといてよ! あ、もうこんな時間か」

少女「そろそろお父さん帰ってくるし、晩ご飯作らなきゃ」

少女(あ、だけどこれぐらい魔法使っていいかも。誰か見てるわけじゃないし……)

少女「0303マホウ!」パァァァ…

魔法少女「ジャーン!」

魔法少女「キャベツを……切る!」

ザンッ

魔法少女「え、一回だけ? 千切りは?」

妖精「千切りにするには、今のを何回もやらないとな。しかも加減しないと、まな板まで切れるぞ」

魔法少女「め、めんどくさい! 普通に作った方が早い!」

妖精「だろうな」

魔法少女「魔法少女の格好で、普通に千切り……なんかシュールだなぁ」トントントン

19: じわる 2021/09/22(水) 20:16:26.346 ID:jivjfR9j0.net
見てるぞ

20: じわる 2021/09/22(水) 20:18:25.651 ID:9rQVF4450.net
魔法少女「あーあ、魔法少女になれてもなかなか使い道ないんだなぁ」

妖精「ま、そんなもんだ」

妖精「日常のことやろうとするには力が大きすぎるし、自分のために使えばどうしても不正みたいになる」

魔法少女「やっぱり敵がいないとねえ……。ねえ、ホントに敵っていないの?」

妖精「お前もしつこいな。いないっていってるだろ」

魔法少女「ひょっとしてあなたが悪い敵ってオチじゃ……」

妖精「なら俺と勝負するか?」ニヤ…

魔法少女「や、やめときます!」

魔法少女(なんか勝てる気しない!)

(*´∀`*)こちらも読まれております。



posted by じわチャン at 15:10 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください