友達「ごめん、箱を預かってくれ!」俺「はあ?」

2021年10月10日 | 日記


1: じわる 2021/10/09(土) 11:18:46.61 ID:gXzoDNIR0
プルルルル プルルルル

俺「家電なんて珍しいな……」ガチャ

俺「どちら様ですか?」

友達『俺君……? 久し振り、僕が大学を辞めたきりだから、五年振りだね』ゼェゼェ

俺「は……?」

2: じわる 2021/10/09(土) 11:19:14.47 ID:gXzoDNIR0
俺「…………」

友達『……怒ってるのかな? そうだよね、だって……』

俺「いや、なんでお前、俺の名前知ってるんだよ」

友達『君の気持ちはわかる。でも、君にしか頼めないことだ。君しか信用できないんだ』

俺「だから誰だよ」

友達『ごめん、箱を預かってくれ!』

俺「はあ?」

3: じわる 2021/10/09(土) 11:19:22.53 ID:gXzoDNIR0
俺「いや、第一お前なんて知らな……」

友達『……どれくらいだろう? 半年、いや一年、箱を預かってほしい』

俺「だから……」

友達『お願いだ……。深夜の零時に、小学校前の公園に来てくれ!』

友達『変な時間に呼び出して、悪いとは思っているんだ! でも、その時間しかないんだ!』

俺「いや、意味がわからな……」

友達『お願いだ! 一分とも遅れずに来てほしい! 本当に僕には、どうにもならないんだ! この箱は……』

俺「…………」ガチャ

俺「なんだよ……ふざけた電話だな」

4: じわる 2021/10/09(土) 11:19:31.31 ID:gXzoDNIR0
俺(寝付けないな……もう、0時回ってるっていうのに)

俺「…………」

 友達『お願いだ! 一分とも遅れずに来てほしい! 本当に僕には、どうにもならないんだ! この箱は……』

俺(切羽詰まった様子だったな)

俺(いや、あいつがどうなったって、どうでもいいことだ)

俺(そう、どうでもいい……それに今からいったって、ついたころには1時近くだ)

5: じわる 2021/10/09(土) 11:19:38.53 ID:JJQ5/9ind
なっつコレwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

6: じわる 2021/10/09(土) 11:19:39.15 ID:gXzoDNIR0
―公園・1時―
俺「来ちまった、か」ハァ

俺「いないじゃないか、クソ……こんな夜中に外出しやがって、うう、寒い」

俺「遅れたせいか? うう……まぁ、帰って寝るとするか」

俺「……懐かしいな。この公園、もう十年は着てなかったか」

俺「…………」

俺(そういえば昔、俺は、ここにタイムカプセルを埋めたっけ)

7: じわる 2021/10/09(土) 11:19:48.65 ID:gXzoDNIR0
俺(何人かで埋めて……成人式の日に掘り起こすって)タッタッ

俺(結局その頃は当時の友達と飲みに行って)タッ

俺(田舎の小学校なんてどうでもよくて)タッタッ

俺(きっとどうせ、誰も来ないだろうって)タッタッタ

俺「あった……飛び出し注意のポスターの前に…」

俺(掘り返した後がある……それも、すぐ最近に)

8: じわる 2021/10/09(土) 11:19:57.38 ID:JJQ5/9ind
なんで今頃コピペ?wwwwwwwwwwwwwwwwwww

9: じわる 2021/10/09(土) 11:20:04.88 ID:gXzoDNIR0
俺「なんだ、これ。タイムカプセルじゃない……」

 それは よく俺が釣りに持っていくクーラーボックスくらいの大きさをしていた

 厚い布のカバーで覆われ その上からガムテープで 雑に雁字搦めにされていた
 まるでそれは包帯に包まれた木乃伊を連想させる
 一人深夜の公園にいる俺には それがどうにも不穏なものに思えた

 夜の冷気に混じり つぅんと目と鼻につく様な甘い匂いがする
 それがまた溜まらなく 俺を不安な気持ちに駆り立てるのだ

俺(これを預かってほしかったのか、あいつは……?)

俺(これは、持っていくべきじゃないんじゃないか? そもそもこんなでかいもの持って運ぶのは面倒だ)

10: じわる 2021/10/09(土) 11:20:07.25 ID:JJQ5/9ind
何年前や


【合わせて読みたい記事ヾ(?^ω^)】




11: じわる 2021/10/09(土) 11:20:13.50 ID:gXzoDNIR0
俺「クソ、ここまで来ちまったんだ。持って帰るか」

俺(重……まぁ、持って帰れない重さじゃないか)

 ドンドン ドンドン

俺(今、箱が揺れた様な……気のせいか?)

俺「えっと、今の時間……スマホスマホ、クソ、もう二時かよ」

俺(あれ、ポスターに何か、落書きされてる……?)

ポスター『絶対に開けないで。必ず取りに行きます。君の一番の友より』

俺「…………」

12: じわる 2021/10/09(土) 11:20:24.52 ID:gXzoDNIR0
俺「ふう……帰ってきた」

俺「電話の箱が、あの箱なのは間違いないだろうけど」

俺「そもそもあいつ、本当に俺の友達だったのか……?」

俺「……でも、あの場所はタイムカプセルの場所だったし」

13: じわる 2021/10/09(土) 11:20:34.22 ID:gXzoDNIR0
ピンポーン ピンポーン

俺「なんだ? 宅配便か?」

ピンポーン ピンポーン

俺「…………」

ピンポーン ピンポーン ピンポーン ピンポーン

俺「な、なんだこれ……」ゾッ

俺「インターフォンには……なんだ、このおっさん。全然知らないぞ……」

14: じわる 2021/10/09(土) 11:20:47.04 ID:gXzoDNIR0
俺「……諦めたのか」

ピンポーン

俺「うっ……」ビクッ

俺(アパートの玄関じゃなくて、部屋の前から鳴らしてる!)

俺(誰かが中に通しちまったんだ!)ダラダラ

ピンポーン ピンポーン ピンポーン ピンポーン
ピンポーン ピンポーン ピンポーン ピンポーン

俺「帰ってくれ……帰ってくれ……」
俺「なんで俺がこんなことに……!」
俺「あの箱のせいなのか?」

俺「……帰ってくれたか?」

ドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドン
ドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドン

俺「ひっ!」

15: じわる 2021/10/09(土) 11:20:58.19 ID:JJQ5/9ind
なぁ

16: じわる 2021/10/09(土) 11:21:01.72 ID:kbwsjIP6M
あの~まだかかります?

17: じわる 2021/10/09(土) 11:21:23.48 ID:gXzoDNIR0
俺「とりあえず、この箱は押し入れにでも隠しておこう」
俺「見られたらまずいのかもしれない」

ガチャ

俺「えっ……」

中年「なんだ、開いてるじゃないか」
中年「どうしていない振りをしたんだ?」

俺「…………」
俺「し、知らない人だったから、その……」

中年「ふうん」
中年「俺はこういうもんだよ。中年っていう」

俺「け、警察……?」ジッ

中年「おっと、あんまり人に見せるもんじゃないから、これ」サッ

俺「す、すいません」

19: じわる 2021/10/09(土) 11:21:35.85 ID:gXzoDNIR0
中年「君さ、なにか変わったものを誰かからもらったり、拾ったりしていないかな?」

俺「か、変わったもの……?」
俺「…………」
俺「い、いえ、抽象的過ぎて、よくわからないです」

中年「……」
中年「本当に心当たりがないのか? 嘘を吐くと罪になるぞ」ギロッ

俺「そ、そんな脅す様な事を言っていいんですか」

中年「……」チッ

22: じわる 2021/10/09(土) 11:22:12.84 ID:pyRQbrmBp
その後なんやかんやで幸せな毎日を過ごしました

〜終〜

23: じわる 2021/10/09(土) 11:22:13.57 ID:jZB/mPzGr
初めて見てる。
気になるから続けてくれ

(*´∀`*)こちらも読まれております。



posted by じわチャン at 04:50 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください